女性

免許を取得する

自動車の運転免許を取得する際に、合宿して対応する事が人気となっています。これは宿泊施設に泊まりながら短期集中で取組む事で、通常は免許取得までに数か月が必要な所を、一カ月足らずで対応出来る点が挙げられます。

教習所

合宿で学ぶ自動車教習

免許合宿は、自分のスケジュールが長期で確保出来るかやどの教習所に行くかの検討を時間を掛けて行っておく事が大切です。遠方の教習所に入校する場合は、所定交通費を支給してくれる場合もあるので有効活用しましょう。

女性

海のレジャー

日本では、海のレジャーを楽しむための国家資格があり、船を操船するための船舶免許です。小型船舶は、総トン数20トン未満の船で船舶免許が必要で、運行できる海域などにより一級と二級、さらには特殊の三つの区分があります。特殊の区分は、一般的に言われている水上オートバイがこれに該当します。

標識

法改正で変わったこと

中型免許は2007年に法改正されできた免許で、それまで普通自動車運転免許を取得していた人は8t限定になった。11人以上29人以下のマイクロバスなどを運転するためには中型免許が必要なので自動車学校に行かなければならないが日数や料金を抑えることができる。

女性

短期間で免許取得

運転免許の合宿プランは、通学と比べると短期間で教習所を卒業することができるため、運転免許をスピード取得できます。ホテル等に泊まり込みで毎日カリキュラムををこなしてくプランであるため、同一県内に住民票がある場合参加を断っている教習所もあります。

仕事の幅を広げる

ハンドル

年齢と経験

中型免許は4tトラックやスクールバス、ホテルの送迎などを11人以上29人以下の人を運ぶために使う車を運転できる免許です。中型免許を取るためにはいくつかの取得要件があるので、満たしていなければ取ることはできません。中型免許を取るためには普通自動車または大型自動車を2年以上の運転経験がなければ撮ることは出来ません。そのため、19歳で自動車学校に入校しても仮免の申請の時に20歳になっていなければならないので注意が必要です。また、運転免許を取ってから最低でも2年以上経過していないといけないので、過去に免許の取り消し処分にあった人は、中型免許の取り消し処分者講習を受けていなければなりません。さらに中型免許には一種と二種があり、違いは二種免許は旅客自動車を運転することができます。これは、乗客からお金を支払ってもらうことができるのでタクシーなどを運転できるようになりますが一種と資格取得要件が変わって来るので気をつけなければなりません。年齢は21歳以上で普通・中型・大型あるいは大型特殊免許の免許経歴が免許停止期間を除いて3年以上経過していなければいけません。学科試験はありませんが、平成19年以前に普通自動車運転免許のみを取得している場合には20日間の講習が必要です。また、二種免許の場合は40から45日の講習が必要なので資格取得までの日数にも気をつけなければなりません。8t限定解除の場合はもっと短時間で取得することもできます。